バレたくない二重整形の形やアフターケアの方法を徹底的に解説

チェックポイント

このページでは以下のような情報をまとめています

 

 

二重に整形しようか迷っている人の中には、手術の怖さや費用に加えて、周りの人にバレることも心配の一つではないでしょうか。
今回は、バレづらい二重のポイントや、術前、術後に気を付けることをまとめましたので、是非参考にしてみて下さいね。

 

目は顔全体の印象を左右します。
切れ長の一重まぶたも魅力的ですが、パッチリとした二重まぶたに憧れる人も多いのではないでしょうか?
アイテープや二重のりで二重を作ると手間もかかるし、まぶたの皮膚が伸びてしまうなど、負担も大きいもの。
プチ整形を考える人も多いと思いますが、やはり気になるのは周囲にバレてしまうことですよね。
そこで今回は、バレない二重整形のために、術前、術後のケア方法から、二重のラインの作り方までご紹介します。

整形バレで顔を隠す

 

術前~術後のケア

二重整形をした後に気づかれるポイントは、やはり「目が腫れてしまう」ということ。
埋没法でも約3日~1週間程度は腫れや違和感を感じてしまいます。
なるべく腫れずに二重にしたい場合には、術後の腫れやむくみを抑えるため、事前準備や術後のケアが必要です。

 

お酒は控える

 

整形前後は飲酒しない

やはり、手術前~手術後1週間くらいまでは、まぶたがむくみやすくなる飲酒は控えるべきです。特に、手術の前日から当日は絶対にお酒は飲まないようにしましょう。目が腫れてパンパンになってしまい、まるで泣いた後のような状態が数日続くことになってしまいます。

 

 

 

しっかり冷やす

 

整形後は保冷剤で冷やす

腫れやむくみは、体温が上昇すると余計に目立ってしまいます。
手術前から体温が上がる行為は控え術後は保冷剤などで最低1日間はまぶたをよく冷やすように心がけましょう。
また、手術後の入浴は、あまり長く湯船に入らず、シャワーかさっとお湯に浸かる程度が望ましいです。

 

 

処方された薬を飲む

 

整形後は処方薬を飲む

クリニックによっては、術前または術後に腫れやむくみを抑える薬を処方されることがあります。薬を飲むことによって腫れが大分ましになりますので、必ず飲むようにしましょう。

 

 

 

 

二重整形がバレないように気を付けるべきポイント

術前、術後のケアが完璧だったとしても、普段からの知り合いなら、突如変わった目元に周囲の人が驚いてしまう場合がありますね。
不自然さを出さないために、気を付けるポイントは何でしょうか?

二重の幅を広く取りすぎない

二重の幅が突然広がっていたら、周囲の人も不自然に思うはず。なるべく今二重のりなどで作っている二重のラインに沿った幅にすることをおすすめします。
あまりに不自然な幅広のラインになると、目元に違和感ができ、初対面の人でも気づかれてしまう可能性があります。

埋没法の点数を多くする

埋没法だと、1点留めよりも2点、3点と点数を多くした方が、自然な二重を作りやすいです。1点留めだと目を閉じたときに不自然なラインになり、周囲にバレてしまう可能性があるので、費用と相談しつつ、なるべく点数を多くした方が良いでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
二重に整形するのは決して悪いことではありません。
しかし、周囲に目立つと恥ずかしい気持ちもありますよね。
なるべく自然な二重で、周りの人に気づかれないように、術前、術後にはしっかりケアし、不自然にならないようにしましょう。周囲に整形だとバレないためのポイントもご紹介しておきます。