未成年でもプチ整形をする人が急増中!クリニック対応やトラブル事例を知ろう

チェックポイント

このページでは以下のような情報をまとめています

 

未成年でプチ整形をする方が増えています。
プチ整形を検討している未成年の方に向けて、クリニックのルールや未成年ならではのリスク・トラブル事例をまとめました。

 

基本的に20歳未満は親権者の同意が必要ですが、緩いクリニックは書面での確認のみで対応していて、同意書を偽造して手術を受ける方もいるようです。
二重まぶたなどのプチ整形であれば、未成年による年齢・成長の観点で問題が発生することはあまり考えられませんが、費用の工面と親への相談をした上で検討してみてください。

 

クリニックの対応

美容外科の医者のイメージ

未成年者に対するクリニックの対応は以下のパターンがあります。

  • 同意書の持参のみでOK
  • 親権者の同伴が必要
  • 親権者への電話確認が必要

クリニックによっては高校生以下の未成年者は親権者の同伴を必須にするなど、未成年者の年齢に応じて対応を変えています。
多くのクリニックで高卒以上になれば親の同伴は不要になりますが、高校生以下(18歳未満)は同意書のみで対応してくれる所が少ないです。
一方で、大手チェーンなど優良クリニックは術後のトラブル・クレームを回避する目的で18歳・19歳を含めた未成年者でも必ず電話確認をしています。
未成年の方は親へ内緒でプチ整形を受けるのではなく必ず同意を得るべきです。
未成年者への対応が緩すぎる所は悪質クリニックの可能性があるので注意してください。
埋没法などメスを使わずに効果が限定される治療法もあるので、しっかり説明すれば理解を得られるかもしれませんよ!
また、当サイトでは優良なプチ整形クリニックの選び方もご紹介しているので参考にしてみてください。

 

成長過程でも平気?

成長期の女子高生

身長が伸びているなど成長過程であっても、15歳以上の年齢で目のプチ整形程度であれば将来の成長で形が崩れることはあまり考えられません。
施術法によっては未成年者は避けるべきものもありますが、目元は思春期くらいの年齢で形が決まるので安心してください。
治療を受けられる下限年齢の設定はありませんが、小学生以下の場合は自然に二重まぶたに変化するケースもあるのでプチ整形は避けるべきです
不安があれば、複数の美容クリニックでカウンセリングを受けて、医師からの説明を聞き比べてみるとよいでしょう。

 

イジメの標的にされることも

いじめられている女子高生

未成年者のプチ整形で多いトラブルが、プチ整形が周囲にバレてイジメの対象になることです。
社会人であれば本人に対してネガティブな発言を控えるなどの配慮をするものですが、未成年者はプチ整形した事をネタにする方がたくさんいます。
生意気といった理由でイジメの対象になることや、「援交したお金で整形している」など嘘の情報を加えて噂が広まってしまうことがあるので注意してください。
中高生くらいの年齢はデリカシーがなく、弱みにとことんつけ込んだイジメをされることがあるので、大人以上に周囲にバレない配慮をしましょう。
信頼できる親友であっても、プチ整形を受けたことは話さない方が無難です。

 

未成年者は慎重に検討するべき

未成年者でも、治療費用と親への同意をクリアできれば医学的なリスクはあまり考えられません。
昨今は親が勧めてプチ整形を受ける中高生が増えていますが、自分の希望で手術を受けたい場合は慎重に検討するべきです。
プチ整形は綺麗な仕上がりになったとしても、満足できずに新たな不満を抱くことがあります。
若すぎるうちからプチ整形に手を出した結果、深入りをして整形・美容治療を繰り返してしまう方が多いので注意しましょう。
経済力の低い年齢ですので、治療費を稼ぐために水商売などへ走ってしまう方が散見され、その場の勢いや軽い気持ちでプチ整形を受けると深入りしてしまうケースが多いです。
未成年でプチ整形を受ける際は、一重まぶたのコンプレックスが解消されたら、それ以上の治療は受けないなど強い意志を持つようにしてください。
じっくり考えて、どうしても一重まぶただけは治したいと思った際は、プチ整形を受けても問題ないでしょう。