若干の痕が気になる整形後。メイクや維持の仕方で今後大きくが変わります。

チェックポイント

このページでは以下のような情報をまとめています

 

 

整形後、腫れが続いたり、ダウンタイムの間、友達や周囲の人にバレてしまうのではないかと心配ですよね。
今回は、整形後、まぶたが腫れている際のメイク方法や、二重がより長く維持できるようなコツについてご紹介したいと思います。

 

整形後のポイント

二重の整形をした後、埋没法では術後1週間ほど、切開法だと2週間ほどはまぶたが腫れてしまうことがほとんど。
ある程度仕方のないことなので、周囲の人にバレるのが心配という人は、長期の休みを利用したりするのが理想的ですが、どうしても手術後も学校や仕事に行かなければならないこともありますよね。
そこで今回は、整形後、ダウンタイムをごまかすバレにくいメイク方法や、二重のラインを長期的に維持するコツについてお伝えします。

 

 

整形後のメイク

整形後のメイク

二重整形後のダウンタイムは、手術方法や人によって差がありますが、長い人は二重が自然に定着するまでに3か月ほどかかる場合も。
その間、周りに不自然に思われないために、なんとかメイクでごまかす方法を伝授いたします!

 

アイラインを太めに引く

整形後にアイラインを引く女性

二重整形後は、どうしてもまぶたが腫れたりむくんだりしてしまいます。
そのため、本来想定しているよりも若干幅が広めの二重になり、泣いた後のような腫れ感やむくみを感じます。
腫れやむくみが出ている期間は、アイラインを太めに引くのがおすすめ。目の際が黒く塗りつぶされることで、二重の幅が狭く見えます。
アイラインが苦手な人は、濃い色のアイシャドウを使用するのも良いでしょう。なるべく濃い色を際に太く入れるようにしてください。

 

 

まつ毛をバッチリ上向きにカールする

整形後にマスカラをつける女性

まつ毛をぐんと上向きにカールさせることによって、まつ毛の力でまぶたが持ち上がり、二重幅が狭く見えます。
カールキープ力が高いマスカラで、長時間まつ毛が落ちてこないようにしましょう。
また、つけまつ毛をするのもおすすめ。毛先が自然なタイプでも、芯が太めだとまぶたを持ち上げる力も大きくなり、さらにアイライン効果もあるので一石二鳥ですね。

 

 

二重を長持ちさせる方法

整形後に優しく洗顔する

二重整形後のメイク方法が分かったところで、整形後、二重のラインを長期間維持することも考えましょう。
目元の皮膚はとても薄く、皮膚がたるむと埋没法、切開法ともにきれいなラインをキープしにくくなります。
特に埋没法は糸が取れたり、ゆるんだりする可能性があるため、注意が必要。
目元を触るのは主にメイクをしたり、クレンジングや入浴の際だと思いますが、そのときもなるべく摩擦の少ない方法を心がけましょう。
具体的には、アイシャドウを塗る際に指で何度もこすりつけるのではなく筆で優しくのせる、目をなるべくこすらない、クレンジングの際もゴシゴシ落とさずに優しく浮かせてから落とすなどです。
クレンジングに関しては拭き取りタイプよりも、オイルやクリーム、バームの方がまぶたに刺激、摩擦が少ないのでおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?
整形後はダウンタイムがあり、ある程度腫れるのは仕方のないことですが、メイクでごまかしが効く場合がほとんどなので、是非取り入れてみましょう。
それでもメイクだけでは心配という人のために、整形だと周りに気づかれない方法をまとめたので試してみましょう。
また、二重が定着した後も、目元の刺激や摩擦が少ないような生活を心がけ、できるだけ長く二重幅が持続するように頑張ってくださいね!